このサイトについて

概要

RCGSコレクションは、立命館大学ゲーム研究センター(RCGS)の所蔵品を検索するためのオンライン閲覧目録です。

この度、2019年4月より、「RCGSコレクション」(正式版)として公開いたします。

※立命館大学ゲーム研究センターでは、2017年よりRCGSの書誌データは、サービス「RCGS-OPAC」で公開を行っておりました。また、2019年6月よりコレクションのウェブ公開用システム「Omeka S」を用いてサービスを再構築し、「RCGS Collection(試作版)」を開設しておりました。

本システムの再構築は、ビデオゲームの書誌を適切に記録し、アクセシビリティを向上するためのメタデータモデル研究の成果、またそのモデルに基づく目録作成で得られた書誌データ公開を目的とするものです。本システムにより、1) Linked Open Data技術が導入されデータの機械可読性や再利用性の向上、2) 各種の典拠ファイルや統制語彙などの公開、を実現しました。書誌データの作成およびシステム開発は、文化庁のメディア芸術アーカイブ推進支援事業と、日本学術振興会による科学研究費助成事業(17K00512, 19K20637)などの支援を得て、進められました。システム開発には、筑波大学のメタデータ研究室の助言・協力を得ました。また、プロパティの設計については、国際目録標準であるRDA(Resource Description and Access)BIBFRAMEや、日本目録規則2018年度版を参考資料として用いました。

現在、登録作業中および登録検討中のものを除き、立命館大学ゲーム研究センターが所蔵する全てのビデオゲームとビデオゲームの関連資料のメタデータが登録されています。本サービスによって、ビデオゲームのメタデータ流通を促進することをもって、1) 資料へのアクセシビリティの向上を通じてビデオゲーム及びそれに関連するメディアを対象とする調査研究活動を支援すること、2) ポピュラー文化のアーカイブ関連諸施策の高度化のための知識基盤構築に寄与することが、その主要な目的となります。

文化庁が運営する「メディア芸術データベース」や、 日本の分野横断統合ポータル 「ジャパンサーチ BETA」など、文化資源の集約サービスへのデータ提供を想定しています。

今後、利用者のニーズを踏まえたビューの開発、データモデルに関する再検討や、データの精度向上を進め、より良いサービスを目指します。

書誌データの仕様

公開される書誌データは、FRBR/IFLA LRMの応用モデルとして開発されたビデオゲーム記述のためのメタデータモデルに基づき作成されています(Fukuda & Mihara 2018)。詳細な仕様については、下記のオントロジー、記述セットプロファイル(Description Set Profile: DSP)と目録作成マニュアルをご確認ください。

  • RCGS独自語彙(オントロジーファイル)
  • 記述セットプロファイル
  • ゲーム目録作成マニュアル [ pdf ]

所蔵品

本センターの所蔵品は、本センターが購入したものと、個人や企業から現物寄附により譲渡されたもので構成されています。これらの所蔵品は、研究者・大学院生・学生などのゲーム研究のための基礎資料に用いるほか、本目録や、本センターがゲーム分野の構築を担当する「文化庁メディア芸術データベース」など、ビデオゲームの目録のためのメタデータ取得用資料として活用しています。

RCGS SPARQL

RCGS SPARQLは、本センターの書誌データから生成されたLinked Dataが登録されるSPARQLエンドポイントです。様々な分析やデータ利用にご活用いただけます。

  • 「大阪」に所在するゲームパブリッシャーのリストとゲームパッケージ出版数
  • プラットフォーム毎のパッケージ出版数

ダンプデータ

RCGS SPARQLに登録されるLinked Dataは、下記ページにてダンプデートとしても公開されております。データ形式はRDF/XMLになります。

資料のご利用について

現在、立命館大学ゲーム研究センターでは、研究者など一般の利用者への資料の利用・貸出などのサービスの提供は行っておりません。そのようなサービスを提供する上で必要となる体制整備とその準備活動を進めております。

関連リンク